日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

冬の早朝の茶畑

冬の早朝の茶畑は、身も心も引き締まるような…ピンと空気が張りつめたような寒さになることが多いです。

 

特に霜が降りた朝は、風はほとんど吹かず、鳥たちも休んでいるのか鳴き声もあまり聞こえてきません。そのため、非常に静かです!

茶畑は霜により、粉砂糖を振ったような白色に…。

吐く息は当然白くなりますし、山の斜面を登っている時は、自分の呼吸の音くらいしかしっかりと聞こえてきません。

しかし、日が当たるようになると雰囲気がガラッと変わります。

至る所から鳥の鳴き声が聞こえるようになりますし、風も少しずつ吹き始めます!何より、日を浴びることでポカポカと暖かくなりますね(^^♪

 

茶畑は、西側が開けた斜面に広がっているため、お日さまの日が届くようになるのは8時ごろから…。

 

最初は日が当たらず薄暗いのですが、少しずつ日が当たるようになるひと時は、何度体験しても飽きることはありません!

 

日が当たると、体もポカポカと暖められるような…お日さまの恵みをしっかりと感じることができます(^^♪

 

冬の早朝から日が当たり始めるまでの、限られた時間でしか楽しめないひと時です。

 

 

今年は暖かい!

今シーズンは平年よりも暖かい日が続いています。

もちろん、冬なので寒いには寒いのですが…平年と比べると、そこまで厳しい寒さとはなっていません。

 

そのため、日によっては暖房はコタツのみで過ごせたり、温風ヒーターの灯油の使用量も少なく済ませることができています!

暖房にかかるコスト的には今のところ少なくできているため、お財布的には嬉しいですね!

 

ただ、気温の変化が体に堪えます。

体調は万全!とは言えないこの頃ですが、風邪などを引かないように体調管理には気を付けて行きたいと思います。