日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

長雨に備えて風通しを良くする

おはようございます。

今日の川根町上河内地区は深夜から雨が降り始め、梅雨らしい空模様となっています。

 

今日そして明日は大雨になる予報も出ているので、雨の降り方などには注意して過ごしていきたいと思います。

 

 

草刈りで風通しを良く

昨日は午前中の早い時間帯を中心に雨が降りました。

日中は曇り空でしたが浅刈り作業をいったん中止。長雨に備えて草刈りなどの作業を行う事にしました。

今回草刈りを行ったのは一番茶の収穫後に中切り作業を行った畑です。

現在芽が伸び始めている状態で、茶色い茶畑が徐々に黄緑色へと変化していますね。

 

若い芽の状態が最も病気に感染しやすく、さらに雨や高湿度の環境が続くとより病気になりやすいため、最も注意が必要な生育段階です。

 

数日前に念のために防除作業も行いましたが、さらに病気発生のリスクを低くするために草刈りも合わせて行います!

少しでも風通しを良くすることで病気の発生を防ぐことが狙いです。

 

 

ちなみに、山の斜面の風通しの良い畑と谷底で近くに川が流れている場所にある畑では、病気の発生する傾向が全く違います。

 

風通しの良い場所ではやはり病気の発生は少ないです。

しかし、谷底の風通しが悪く湿度が高い場所では、どうしても病気が発生しやすい傾向があります。

 

特に高湿度の環境を好む「もち病」と言う病気の発生が多いですね。

(良いお茶が採れる場所なので、多少手間がかかっても栽培は続けます)

 

そのため、少しでも病気が発生するリスクを減らすために草刈りを行うようにしています。

 

 

ちなみに今回刈った草は、約1か月もすると再び元通りになるほど生長してきます。

芽が伸びる時が最も病気になりやすいので、芽が伸びるタイミングに合わせて草刈りを行うのです!