日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

家庭菜園のその後

昨日は二十四節気の一つ「大暑

一年で一番暑い頃とされているようです。

 

気温が高い日が続いていますが

ここ数日はじりじりとした

日が射す夏らしい暑さ、と言うよりも

ジメジメ、ムシムシとした

蒸し暑い梅雨の暑さが続いています。

 

洗濯物もなかなか乾かず

曇りがちの日々です。

 

 

しかし

家庭菜園の夏野菜は順調に大きくなり

ナスやキュウリ、シシトウなどは

収穫真っ只中です。

 

中でも

畑の4分の1ほどの面積で

栽培している八つ頭という里芋は

芽が出てからとても大きくなりました。

 

 

約二か月前に発芽した葉は

手のひらにすっぽりと収まるサイズ。

 

 

そして現在はこの様な状態です。

葉の大きさはA4サイズの紙よりも

一回り大きいサイズになっています。

 

 

地面に敷いてある枯草は

乾燥防止のためです。

里芋は乾燥に弱いため

このようにして守っています。

 

だいぶ大きくなりましたが

収穫まではまだまだです。

収穫の時期には今よりも

一回りも二回りも大きな株になり

葉に隠れ地面が見えなくなるほど

大きくなります。

 

とても美味しい里芋なので

収穫が今から楽しみです。