日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

早速現れる敷き草の効果

先日、茶畑に敷き草を行う効果について投稿しました。

お茶の樹を寒さから…

 

そんな敷き草の力が、最近の寒さで発揮されることとなっています!

 

 

霜・霜柱をガード

川根町上河内地区では、11月末に初霜が降りてから、今日までに4回霜が降りています。

紅葉していた木々の葉っぱも大半が落葉…。そして冬特有の、西から冷たい乾いた風が吹くようになり、季節は完全に冬へと移り変わりました(^^)/

昼間はキレイな青空と茶畑を楽しむことが出来ます。が・・・

 

霜が降りた朝は、いかにも寒そうな景色に変化します。

大人のお茶の樹も、若いお茶の樹も、霜で葉っぱが白くなっています。

 

ただし、敷き草を行った畑では、地面に直接霜が降りるのを防ぐことが出来ているのです(^^)/

敷いた草には、びっしりと霜が降りていますが、草をめくってみると土には霜は降りていません。

 

むき出し状態の土の一部では、霜柱が出来ている所も…。

しかし「霜柱」に関しても、敷き草を行った場所では発生が見られなかったですね!

敷き草により、ある程度は土が冷えにくくなっているのだと思われます。

 

 

ちなみにお茶の樹は、地上部分に出ている葉っぱや枝の方が寒さに強く、土の中…つまり根っこは寒さに弱い特徴を持っています。

そのため、敷き草をすることが根っこを寒さから守ることになり、お茶の樹を寒さから守ることに繋がるのです。

 

特に若いお茶の樹は根っこの量もまだまだ…。寒さにより根っこがダメージを受けると、その後の生長にも影響が出てしまいます。

そこで、敷き草をすることで、寒さから守っているのです(^^♪

 

 

本領発揮

明日は都心でも雪になる可能性があるという事で、秋から冬へ一気に季節が進んだように感じますね…。

今後は寒さも厳しくなっていく一方です。敷き草の力が発揮される場面も多くなっていくでしょう!