日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

晩秋の景色と茶畑

土曜・日曜と天気が崩れるかな…と思っていたのですが、昨日土曜日は季節外れの暖かさで、天気も晴れでした!

 

そのため、外にいても少し汗ばんでくる程度に(^^)/

風があったので、半袖になるとさすがに肌寒くなる感じでしたが、ここまで暖かくなるとは思っていませんでした。

 

山は色付き、確実に季節は進んでいますが、気温に関しては冬らしくなったり秋に逆戻りしたりを繰り返しています。

 

暖かい気温は作物の生長を早めたりしますが、急に寒くなると作物は寒さの影響を受けることがあります。冬本番へ向けて少しずつ気温が下がることで、植物の体は寒さに強くなっていくのですが、いつまでも暖かいままだと急に寒くなった時に影響が出ることがあるのです。

 

そのため、作物の生長に影響が出ないと良いなと思う今日この頃です。

 

 

秋も深まり

茶畑は、少しずつ本格的な冬へ向けて変化しています。

もちろん、周囲の山が色付き景色は大きく変化していますが、茶畑にも変化が起きています。

 

秋にかけては光合成を盛んに行うため、葉っぱが濃い緑色になりますが、冬になるとほんのり黄色みを帯びてきます!

 

季節や気温の変化によって、葉っぱの色が少し変化するのです(^^)/

ただし、その変化は本当に極わずかなものです。同じ場所で写真を撮影、見比べてみると僅かに変化しているかな…と感じる程度となります。

 

きっと、お日さまの位置が低くなり、葉っぱへの光の受け方が変化するため、お茶の葉っぱの色合いも僅かに変化するのでしょう。

 

お茶の樹の変化、周囲の景色の変化を楽しみながら、お茶の樹の手入れを行っているこの頃です(^^♪