日々お茶暮らし

川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

養蜂を始める方へ 巣箱を置くなら見回りと管理を! 

ここ数年ミツバチを飼おうとする人が増えているのか、道沿いにミツバチ用の巣箱が設置されているのをよく見るようになりました。

 

ただ、置いてあるのは道の壁の上。

半分壊れたようになっている物もありますし、以前道路に落下していたこともあるので設置するのはやめて欲しいです。

 

またうちの土地にも無断で設置されている物が確認しているだけで5個あります。

撤去をしてもらえるように張り紙もしていますが一切変化なし。すでに一年近くの時間が経過しています。

 

たぶん設置しているだけで見回りしていないのでしょう。

本気でミツバチを飼いたいのであれば、見回りをする必要がありますし巣箱の掃除なども必要です。

 

ミツバチが住んでいなくても巣箱をキレイにしていないと住み着いてくれません。

逆にミツバチが住みついていると彼らが自分たちである程度掃除をするため、住み着いていない時こそ掃除をすべきですね!

f:id:ochagurashi:20211203200902j:plain

そして無断設置されている巣箱の中にはこのようになっている物も…。もう巣箱としての価値はありません。ただのゴミですね。

 

正直言えば処分したいのですが、処分してしまうと私が罪に問われることもあるとのこと…。うちの土地であっても処分することが出来ないのは辛い所です。

 

原木シイタケを栽培する場所として利用したくもあるので少し移動させることも考えています。

 

最後に

ミツバチを飼うために巣箱を設置したのであれば見回りと管理をするべきですし、そもそも無断で巣箱を設置するのはやめてほしいものです。

養蜂を始める方も増えつつありますが、このようなトラブルも増加している事と思います。

 

ただし、私はミツバチを飼うこと自体に反対している訳ではありません。

あくまでも無断で巣箱を設置していることに憤りを感じているのです。事前に声をかけてくれればOKしますし、ミツバチが来やすい場所もお教えします。

 

ちなみに趣味であっても、ミツバチを飼育するために巣箱を設置する場合は『養蜂届』を提出する必要があります。

これは法律でしっかりと決められている事ですし違反すると罰則もあります。

 

養蜂を始めるのであれば、ルールと人としてのマナーを守って始めて欲しいものです。