日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

ナラシ作業 実施編

ナラシ作業は翌年の一番茶(新茶)に関わる重要な作業…。

実施するタイミングが重要なので急ぎつつも、キレイに刈り均し丁寧に行うことが大切です(^^)/

 

そのため、小雨程度の雨なら合羽を着て、強雨や雷雨にならない限り作業を行います!

 

刈ナラシ機

ナラシ作業を行う時は、専用の「刈ナラシ機」を使用します。

2人で持って作業を行う機械で、見た目よりも軽いです!

昔の機械はそれなりの重量があったそうですが、作業負担を減らすために軽量化され、今ではずいぶんと軽くなりました(^^♪

 

裾刈りを行うために使用した「裾刈り機」と比べると非常に軽く、片手でも簡単に持ち上げられます!

 

エンジンにより、バリカン(刃の部分)と送風装置が動きます。

高速で動くバリカンにより枝葉がカットされ、エンジン側からの送風によりカットされた物が移動します。

 

そして、お茶の樹と樹の間(畝間)にカットされた枝葉が落とされていく仕組みです!

 

 

バリカンの長さは1mほど…。

お茶の樹を跨ぐようにして機械を持ち、1つの畝を往復(行きで半分、帰りでもう半分をカット)することで、お茶の樹の表面をキレイに均していきます。

 

 

茶畑が劇的変化

秋のナラシ作業を行うと、茶畑の見た目が劇的に変化します。

三番茶はすでに充実(硬化)し、濃い緑色の葉っぱになっているのですが、現在は一部の枝から四番茶芽が伸びています。

四番茶芽は、まだまだ充実はしていません。黄緑色の芽が伸びているため、茶畑も黄緑色に見えます。

 

しかし、ナラシを行うことで黄緑色の四番茶芽は残さずカット…。

三番茶芽がお茶の樹の表面となるようにするため、茶畑は黄緑色から濃い緑色へと変化します。

お茶の樹の表面もキレイに均されるため、ピシッと整えられた茶畑に変化します。

 

もし、デコボコの状態に均してしまったら、翌年の春新芽がバランスよく伸びませんし、収穫時に古い葉っぱや枝が混入するリスクも高まります。

 

そのため、デコボコしないように、高さを一定に保ちながら枝葉をカットすることが重要です(^^)/

 

 

黄緑色の茶畑が濃い緑色へと変化し、豊富に伸びていた枝葉もキレイに刈り整えられるため、この時期は茶畑の様子が激変します。

 

地域内の茶畑の至る所で作業が行われているため、ナラシ機のエンジン音が鳴り響き、刻一刻と景色が変化しているこの頃です!